活動報告

伊藤まさひろ世事感懐

平成24年7月 ロンドンオリンピック開幕

記念すべき30回目のオリンピックであるロンドンオリンピックが開幕しました。204の国と地域が参加を予定している4年に一度のスポーツの祭典、「注目の選手の記録は」「日本選手の活躍は」と目が離せません。

東京都が2020年のオリンピック開催国に立候補しているとあって、日本にとっては一層、注目される大会になりました。日本選手はぜひとも好成績を残して、東京都開催を後押ししてもらいたいものです。これまでのところ、日本選手の中で、最も金メダルに近い選手が体操の内村航平選手です。イギリスのブックメーカーの掛け率では1.322倍でダントツの優勝候補だそうです。このほかにも、競泳の北島康介選手、砲丸投げの室伏広治選手など、活躍が期待される選手がたくさんいます。

千葉県出身の選手も結構います。女子サッカー選手の宮間あや選手、競泳の松島美菜選手、平井康翔選手、フェンシングの三宅諒選手らです。彼らに大きな声援を送りましょう。ところで、市原市出身の猫ひろしさんは、カンボジア代表として出場を目指しましたが、夢かなわなかったのは残念でした。

スポーツと言えば、国内最大のスポーツ大会である国体が一昨年、千葉県で開催され、熱闘が繰り広げられました。天皇杯、皇后杯を獲得するなど、37年ぶりの国体開催を通じて千葉県のあらゆるスポーツ分野の競技力は確実に底上げされました。この経験を大切にして、世界と戦える選手が大勢、千葉県から輩出されることを期待したいと思います。

印刷 閉じる